01 動画コンテストへのエントリー&受賞

#01

動画コンテストへの
エントリー&受賞

CHALLENGE for ONLINE MOVIE
BOVA

宣伝会議が主催するオンライン動画コンテスト『BOVA』の一般公募部門にエントリーしました。
社内から選抜されたデザイナー、コピーライター、i-MEDIA、カメラマンの計8名でチームをつくり、
「旭化成ホームプロダクツのサランラップ」の動画制作にチャレンジ。
企画から撮影、編集、ナレーションまで一貫して社内スタッフで制作した『サル&ラップ劇場』は、
ファイナリストにノミネートされ、協賛企業賞を獲得しました。

サル&ラップ劇場

が、できるまで。

●きっかけは、コトバあそび!

きっかけは、コトバあそび!

アイデアのベースとなったのは、単純なコトバあそびです。
何気なく”サランラップ”で語呂合わせをしているうちに、「サル&ラップ」というコトバにたどり着きました。テレビ番組でラップバトルが人気だったので、時代にもマッチしていると思いました。

●オリジナルのストーリー&リリック。

オリジナルのストーリー&リリック。

よりインパクトのあるキャラ設定になるように、ほっこりするストーリーと相反するラップの歌詞にもこだわりました。キーワードと同じ母音で構成された単語を探し出して歌詞に落とし込む、プロのラッパーと同じ手順で歌詞をつくりました。

●キャラクターも小道具もセットも、手づくり。

キャラクターも小道具もセットも、手づくり。

主役のサル子やパパザル、敵キャラの冷蔵庫、くさや、電子レンジのキャラクターをはじめ、テロップや舞台の背景などの大部分が手づくりです。ブランドイメージにぴったりの、あたたかみあふれるものに仕上げることができました。

●サル子とパパザルのナレーションは、実の親子!

サル子とパパザルのナレーションは、実の親子!

「手づくり」というコンセプトを強調するために、ナレーションも社員が担当。サル子とパパザル親子は、男性社員と小学2年生の娘さんに担当してもらいました。

●まとめ。

まとめ。

企画・制作に関わるすべての工程を自社スタッフで完結できたところに、改めて東京アドのチーム力の高さを実感しました。今回のチャレンジは、これから動画制作の仕事をしていく上で、とてもいい経験になりました。
最後に旭化成ホームプロダクツ様、素晴らしい賞をありがとうございます。

企画制作/東京アドデザイナース

企画+D+美術/
赤池麻奈(WEBデザイナー)

ラップリリック+C/
木村滋希(コピーライター)

D+美術/
菊地春香(WEBディレクター)
阿部山未来(デザイナー)
野田智菜実(デザイナー)

撮影+編集/
内山真(フォトグラファー)

撮影助手/
佐々木雄一(フォトグラファー)
奥地翼(アシスタントフォトグラファー)

声/
パパザルの声  越智実(コピーライター)
サル子の声   越智幸(小学生)
れいぞうこの声 田中宏幸(アド・テクニカ デザイナー)
録音/酒井晶俊(デザイナー)

(  )・・・普段のお仕事

PAGE TOP