2017年 新卒入社

ダブロン マルクス Marx Davron

ウェブデザイナー / モーショングラフィックデザイナー

ドイツのベルリンの出身。
パッサウ大学国際文化経済学科卒業。
Webデザイン、モーショングラフィックと映像制作。
モットーは「There is no limit」、「制限はない」。

東京アドデザイナースに入社した理由は?

会社が私の可能性を信じてくれたからです。

あなたの仕事内容は?

Webページの制作、動画の編集、動画のアニメーションやスペシャルエフェクトの制作。

入社して、いちばんうれしかったことは?

お客さまがプロジェクトの完成を喜んでくれたときです。
デザイナーとして、自分の仕事が感謝されることが一番幸せです。

海外出身の方から見た、
東京アドデザイナースの魅力は?

海外の会社は社内の競争が強いと思います。
東京アドの皆さんはとても優しいので、すごく働きやすいです。
もちろん外国人として、文化的なハードルはありますが、皆さんがハードルを出来る限り低くするようにしてくれています。

職場はどんな雰囲気ですか?

フレンドリーな雰囲気です。
毎日みなさんの笑顔を見ながら、楽しく仕事しています。

仕事をしていて、いちばんやりがいを感じるときは?

最初は出来ない、無理だよと思ったことでも挑戦して、出来たときに、いちばんやりがいを感じます。

オフの過ごし方は?

オフの時は、フィットネスに行ったりします。
クリエイターの仕事で一番疲れるところはメンタルなんです。
ですから、心と身体のバランスをとることが一番大事だと思います。

問題に直面した際に心がけていること、あるいは解決法は?

デザイナーとして、難しい問題を美しく解決することが僕らの仕事です。
デザインの素晴らしい所は、一つの問題に対して、色んな解決法があることです。
困った時、自分の観点をちょっとだけ変えたら、問題が新しい角度から見えて、もっといいアプローチを発見できます。

この辺りで古くから愛されているレストラン
「トニー・ローマ」は歩いて 3 分です。

他のウェブデザイナーの人たち

採用に関するお問い合わせ