2006年 中途入社

服部 将也 Masaya Hattori

コピーライター

大阪府生まれ。
関西大学 英文学科卒業。
言葉の力を信じています。

前職から東京アドデザイナースに転職を決めた理由はなんですか?

ひとことで言うとステップアップです。
前職では、関西の制作会社で主に家電系のカタログとWebの制作に携わっていました。さまざま業種のクライアントとお付き合いのある東京アドデザイナースであれば、自分のこれまでの経験を生かしつつ、仕事の幅をより広げていけると考えました。

現在の役職と仕事内容は?

仕事の規模や内容によりますが、コピーディレクターとして、コピーの方向性を考えて何人かでコピーワークをすることもあれば、いちコピーライターとして、コピーワークをすることもあります。また、今は新卒と2年目の2人のコピーライターのトレーナーもしており、新しい感性や発想に刺激を受けています。

東京アドデザイナースに入社して、いちばんの成功体験は何ですか?

あるお客さまが、ショールームを日本全国に展開していく際のお手伝いをしたことがあります。コンセプトワークから広告・販促物制作はもちろん、店舗設計、店舗運営にいたるまで、約1年がかりで準備に携わりました。一号店オープンの当日、現地を訪れると、私の顔を見るなり、お客さまから握手を求めてくれました。
「ありがとう、服部さん」といって。

入社して感じた、東京アドデザイナースの魅力は?

いちばんは自分次第なところです。
やるべきことを自分で考えられる人や自分で何かやりたいことがある人にとっては、とても心地のいい環境が整っています。 

どんな社員と一緒に仕事をしたいですか?

前向きな人。相手の立場になって考えて、行動できる人。

今後、東京アドデザイナースでどんな仕事をしたいですか?

もっとインターネット広告や動画の仕事に携わっていきたいと思います。また、IoTや人工知能を活用した新しい広告のあり方にも興味があります。すでに、AIコピーライターは1秒で2万キャッチコピーを考えるそうなので。

問題に直面した際に心がけていること、あるいは解決法は?

とりあえず、やってみる。
新しい表現に挑戦するときは特に、参考にするものが少なく、綿密に計画を立てられないことがあります。あれこれ考えるより、わからないながらも見える化したり、経験することにしています。

東京アドへの転職を希望する皆さんへ、ひと言

楽しみましょう、仕事なんだし。

神保町も徒歩圏内。古本屋街で資料探しもできます。

他のコピーライターの人たち

採用に関するお問い合わせ