2015年 中途入社

菊地 春香 Haruka Kikuchi

ウェブディレクター

山形県生まれ。
茨城大学人文学部卒業。
Web制作のディレクション業務を担当。

前職から東京アドデザイナースに転職を決めた理由はなんですか?

前職では、千葉県で中小企業や個人店のサイトを制作するWebディレクターをしていました。クライアントの社長さんや店長さんとやり取りしながら、制作をするのは楽しくやりがいがありましたが、ナショナルクライアントの仕事をしてみたいと思い、都内での転職活動を始めました。
東京アドデザイナースは、誰もが知る大手企業のWeb制作に携われる会社だったので、自分の希望とマッチしたので入社を決めました。

現在の役職と仕事内容は?

主に大手家電メーカーのサイトの企画・制作や、外資系の大手インターネットサービス企業のバナー、LP制作のディレクションなどです。

クライアントのキャンペーンや新商品、イベントなどのプロモーションのクリエイティブな領域を、代理店の担当者と共に考え、スケジュールの調整、デザイナー・コーダーのアサイン、クリエイティブのチェックなどを行なっています。

東京アドデザイナースに入社して、いちばんの成功体験は何ですか?

クライアント主催の大きなイベントに参加させていただいて、改めて、影響力のある仕事をさせてもらっているんだなと実感したことです。

入社して感じた、東京アドデザイナースの魅力は?

質の高いクリエイティブの現場で働くには、恵まれた環境です。ひとつのプロジェクトに関わる人数が増えたことでディレクターとして調整をする大変さも大きくなりましたが、プロのアイデアに触れる機会は大変勉強になります。

ナショナルクライアントの案件では、自分が携わった仕事が世に出て、知人の目に触れたときは嬉しさと、大きな責任も感じます。

どんな社員と一緒に仕事をしたいですか?

前向きに、責任を持って案件と向き合える人とお仕事がしたいです。

今後、東京アドデザイナースでどんな仕事をしたいですか?

ジャンル問わず、様々な業種のデジタル制作に携わりたいです。
Webだけでなく、動画のお仕事も増やしていきたいです。

問題に直面した際に心がけていること、あるいは解決法は?

とにかく一度落ち着いて、冷静に状況を理解して、何をすればいいのかを考えるようにしています。
あとは、「終わらない仕事はない」と自分に言い聞かせることです。

東京アドへの転職を希望する皆さんへ、ひと言

一緒に働く人たちは、とてもいい人たちばかりなので、安心してください!

南雲クリニックの1階にあるバル「SALUD」さん。みんなの御用達です。オープンテラスも気持ちいいです。

採用に関するお問い合わせ