2018年 新卒入社

小宮 千緒里 Chiori Komiya

グラフィックデザイナー

千葉県生まれ、千葉県育ち。
東京デザイン専門学校卒業。
楽しんで作ることを心がけています。

東京アドデザイナースに入社した理由は?

広告を中心に、パッケージやWebなど幅広い仕事をしていてここなら色々と経験できそうだと思ったからです。
あとは、就活の時、自分が専門卒なことを気にしていたのですが、「そんなの気にすることなくて、いいものを作りたいって気持ちが大事」と言ってもらえたのも理由の一つです。

あなたの仕事内容は?

デザインチームの一員として広告などを作っています。
案出しから、撮影、制作…。
広告以外にもパッケージやツール類など、入社してからすでに色々経験させてもらっています。

入社して、いちばんうれしかったことは?

自分の仕事が世に出たこともうれしかったが、実を言うと、小さい頃からやっていた書道が役に立ったことがうれしかったです。
まさかデザイナーになって役に立つとは思っていなかったので、自分の筆文字を使った広告ができたときは感動しました。

入社して感じた、
東京アドデザイナースの魅力は?

みんな作ることが大好きなところ。
仕事以外にも、会社でオリジナルカレンダーを作ったり、飲み会やイベントのたびにポスターを作ったり。
作るのも見るのも楽しいです。

職場はどんな雰囲気ですか?

チームの人たちも優しいですし、会社全体としても仲がいいです。
なので仕事が大変な時でも楽しいです。
「コピーの朝ごはん」(※1)や「OKニセイ」(※2)など、さまざまなクリエィティブ活動を通して、ふだん仕事で関わらない人との交流も刺激になります。

(※1)

毎週火曜日の朝、コピーライターが朝ご飯を食べながら世間の話題や広告コピーの話をする会の名称。

(※2)

所属部門の課外活動の名称。

(※1)

毎週火曜日の朝、コピーライターが朝ご飯を食べながら世間の話題や広告コピーの話をする会の名称。

(※2)

所属部門の課外活動の名称。

仕事をしていて、いちばん
やりがいを感じるときは?

自分の携わった広告が完成して、それが実際に世に出たとき。
東京アドの仕事は大きいものが多いので、世の中に出ていることが実感できるのがうれしいです。
あとは案出しで自分の案を褒めてもらえた時ですかね(笑)

学生時代に学んだことや経験したことで、役立っていることはありますか。

専門生だったのでデザインを学んだのは2年ですが、限られた時間の中で実践的なものを作れたのはとても経験になりました。

オフの過ごし方は?

写真が趣味なので、写真友達と出かけたり、学校の友達と遊んだりしています。
基本的にあまり家にいません。

問題に直面した際に心がけていること、あるいは解決法は?

入社してからあまり大きな問題に直面してませんが、
相談できることならなるべく多くの人に相談して
いろんな意見を聞いて自分の中だけで答えを出さないように心がけています。

就職活動中の皆さんへ、ひと言

東京アドは色々なことに挑戦できる会社だと思います。
みなさんと一緒に働く日が来るのを楽しみにしています!

靖国神社近くの歩道橋。ここからスカイツリーや武道館が見えます。

他のグラフィックデザイナーの人たち

採用に関するお問い合わせ