2014年 新卒入社

中神 柚香 Yuka Nakagami

ウェブデザイナー

埼玉生まれ。
化粧品や家電などのブランドページ、ランディングページ、バナーなどのデザインを手掛ける。「シンプルに考える」がモットー。

東京アドデザイナースでの仕事内容は?

Webサイトのページ制作やバナー制作を行っています。
化粧品、飲食、家電など様々なジャンルのWebページのデザイン制作、時にはSNSなどの更新や撮影などの運用業務を行っています。

入社して感じた、
東京アドデザイナースの魅力は?

クリエイティブの意識が高いことと、とにかく個性豊かで優しい人ばかりということです。5年ほど、様々な人と仕事をさせていただきましたが、どの方も真摯にクリエイティブと向き合って仕事をされていますし、熱量があります。
それは業務だけではなく、社内の行事やプロジェクトでも一緒で、手を抜かずむしろ積極的に楽しむ人が多いので、本当に周りからいい刺激をもらえていると感じます。

入社して、いちばんうれしかったことは?

前から好きだった飲食メーカーの仕事をやらせてもらえることになったときはとてもうれしかったですし、仕事をすることで、そのブランド、製品のことをもっと知ることができたことです。自分が作ったものが実際にローンチされたときは、苦労したことも多かったですが、感動もひとしおです。

入社当時と比較して、
いちばん成長したと思うところは?

表現の幅が格段に広がったと思います。
入社した当時は正直なところ、自分が好きな世界観に寄った表現が多かったのですが、今は、お客さまやターゲットに沿った表現、場合によってはギミックやムービーなどの提案もできるようになりました。

今後、東京アドデザイナース
でどんな仕事をしたいですか?

今後は動きのあるデザインや動画やアニメーションを使ったユーザーが驚いてくれたり、webの中でなにか体験ができるような面白いサイトを作っていきたいです。

オフの過ごし方は?

オフの日は例えば土日であれば、1日は、友達とランニングしたり、行ったことのない街、ごはん屋さん、雑貨や洋服店などの新規開拓などアクティブめに。
もう1日は家中の掃除やアイロンがけ、料理などに没頭し、それが終わると映画や漫才などの動画を見てゴロゴロとインドアを満喫します。

問題に直面した際に心がけていること、あるいは解決法は?

なるべく、一旦気持ちを落ち着けて一呼吸おいてから、問題に取り組むようにしています。
また、内容整理や意見をもらうため、チームでの情報の共有、コミュニケーションを欠かさないように心がけています。

就職活動中の皆さんへ、ひと言

社会人になって経験できることもありますが、学生の今だからこそ経験できることがたくさんあると思います。
小さなことでも多種多様な経験をしておくと、社会人になってからはもちろん、就職活動にも活かせることがあると思うので、臆せずさまざまなことに挑戦してみてほしいです。

最近できた「POST食堂」さん。仕事終わりにちょっと1杯。マスターさんとも顔なじみになりました。

他のウェブデザイナーの人たち

採用に関するお問い合わせ