2019年度 新卒入社

小幡 航平 Kohei Obata

グラフィックデザイナー

新潟県生まれ。
長岡造形大学 視覚デザイン学科卒業。
見た人に気づきや発見が生まれるデザインを目指しています。

東京アドデザイナースに入社した理由は?

規模の大きな制作会社なので、多種多様な仕事に携われると感じたことと、社内で実施している様々なクリエイティブプロジェクトに魅力を感じたからです。

東京アドデザイナースでの仕事内容は?

交通広告や新聞広告など、マス広告のデザインが主な仕事です。
アイデア出しから実際の制作に至るまで、トータルで携わっています。

東京アドデザイナースに入社して、いちばんうれしかったことは?

いちばん、と言える体験はまだないです…。
日々、反省・後悔することのほうが多いですが、いつかは胸を張って誇れる仕事ができるようになりたいです。

入社して感じた、東京アドデザイナースの魅力は?

様々な年代、様々な職種、様々な考えを持った人がいることです。
自分の知らない分野にも詳しい人がたくさんいるので、仕事はもちろん、色々なことを教えてもらっています。

職場はどんな雰囲気ですか?

仕事中は静かですが、決して話しにくいという雰囲気ではありません。
面白い情報があったら、すぐに共有できる距離感が、自分には合っている気がします。

仕事をしていて、いちばんやりがいを感じるときは?

企画を考えているときです。
様々な制約の中で、どうすればより良く見せられるかを考え抜く中で、新たなアイデアに巡り合う瞬間が面白いです。

学生時代に学んだことや経験したことで、役立っていることはありますか。

クオリティの詰めの部分にこだわることです。
大学時代の卒業制作で最後までこだわったことが、今の仕事に対する姿勢につながっていると思います。

オフの過ごし方は?

友達と展示を見に行ったり、買い物に行ったり。外に出て何かをすることが多いです。
月に1回、会社の部活動のフットサルにも参加しています。

問題に直面した際に心がけていること、あるいは解決法は?

なるべく一人で抱え込まず、客観的な意見を求めるようにしています。
その際にメモを取るとしっかりと記憶に残るので、ふだんから心がけています。

就職活動中の皆さんへ、ひと言

会社を選ぶ際、「自分は何がしたいか」という明確な軸をひとつ作ることで、自然と自分に合った会社が見えてくると思います。

繁華街のイメージが強い赤坂ですが、一歩路地に入ると静かな住宅街。知る人ぞ知る隠れ家的なお店が点在しています。

他のグラフィックデザイナーの人たち

採用に関するお問い合わせ