2019年度 新卒入社

大橋 やや子 Yayako Ohashi

グラフィックデザイナー

秋田生まれ。
女子美術大学デザイン工芸学科卒業。
楽しく、ひたむきにデザインと向き合っています。

東京アドデザイナースに入社した理由は?

広告制作をしたいという気持ちが第一でしたが、広告にとどまらない制作物の幅の広さが決め手となりました。
色々な分野で自分の可能性を試せそうだと思いました。

東京アドデザイナースでの仕事内容は?

デザインの案出しから、Macでの制作、入稿まで幅広く携わっています。

東京アドデザイナースに入社して、いちばんうれしかったことは?

銭湯の利用を促進するポスター展に出展して、お客様からの人気投票で1位を獲得したことです。
自分が一から制作したデザインが、多くの共感を得られたことがうれしかったです。
この経験は、大きな自信につながったと感じています。

入社して感じた、東京アドデザイナースの魅力は?

個性の豊かさですね。デザイナー以外の職種の方もたくさんいるので、色々な相談もできるし、こんな視点があったんだ!と発見することも多いです。

職場はどんな雰囲気ですか?

わたしの所属部署では、クリエイティブ環境をよりよくするための様々な取り組みを行ってます。
例えばみんなでテーマを決めて選書をして、オフィスにライブラリーを開いたり。
色々なアイデアを、みんなで楽しみながらカタチにするポジティブな職場だと思います。

仕事をしていて、いちばんやりがいを感じるときは?

SNSなどでユーザーの反響がある時です。
「カワイイ!」というコメントとともに自分の携わったデザインがアップされた時は、うれしいのと同時に、もっと良いものをつくろうという気持ちがわいてきました。

学生時代に学んだことや経験したことで、役立っていることはありますか。

学生の時からフォントをいじったり、ロゴを作るのが好きでした。
そのことを上司に伝えたら、ロゴやフォント制作の仕事にたくさん声をかけてもらえるようになりました。

オフの過ごし方は?

1日は家でゆっくり過ごし、もう1日は外に出るようにしてます。
仕事をする上で色々なトレンドを知っておきたいので、展示会や流行のお店に足を運び、インプットするようにしています。

問題に直面した際に心がけていること、あるいは解決法は?

まずは手を動かす。実際どのようになるのか、簡易的に見える化すると、善し悪しの判断ができると思います。
それでも分からなかったら、先輩や友人など、色々な人の意見を聞くように心がけています。

就職活動中の皆さんへ、ひと言

自分がこの仕事に向いているか不安に思ってしまうこともあるかもしれません。
でも心からデザインが好きなら、自信を持ちましょう。
この会社は、みなさんのやる気をしっかり受け止めてくれます。東京アドで待ってます!

「ricordy」さんは東京アドの社員食堂とも言える馴染み深いイタリアンレストラン。行けば必ず誰かと遭遇します。

他のグラフィックデザイナーの人たち

採用に関するお問い合わせ