2006年 中途入社

岡本 こうすけ Kosuke Okamoto

アートディレクター

岡山県生まれ。
グラフィックデザイン全般、店舗デザイン、Web、映像ディレクションなど様々な案件を手がける。

前職から東京アドデザイナースに転職を決めた理由はなんですか?

「広告制作」を経験したかったからです。
前職もデザイン系ではありましたが、「広告」の経験はあまりなく、若いうちに経験しておきたかったため、思い切って飛び込みました。

現在の役職と仕事内容は?

アートディレクターです。
代理店のお仕事が主ですが、直接クライアントさんからご依頼をいただきお仕事することも多いです。
企画をたて、一から絵を作り、フィニッシュワークまで。社内外の多彩なスタッフ達と一緒に作り上げます。

東京アドデザイナースに入社して、いちばんの成功体験は何ですか?

成功体験とは少し違いますが、仕事を通じてたくさんの方と出会えたことかなと思います。全ての出会いが自分の成長に繋がっています。みなさんに感謝しています。

あと、某通信会社さんのビッグプロモーションで膨大な数の有名な媒体を経験させていただいたことですかね。どんな仕事もあまりビビらなくなった気がします。

入社して感じた、東京アドデザイナースの魅力は?

いろんなタイプの先輩ADがいて、いろんなタイプの後輩デザイナーがいて、頭のいいコピーライターがいます。
腕のいいカメラマンや機転の利くプロデューサーやセンスのいいWebデザイナーがいます。毎日の打ち合わせが面白いし、刺激を受けています。

どんな社員と一緒に仕事をしたいですか?

自分以外の誰かのために汗をかける人。みんなから愛される人。

今後、東京アドデザイナースでどんな仕事をしたいですか?

何世代も後の時代に残る仕事がしたいです。

問題に直面した際に心がけていること、あるいは解決法は?

コミュニケーションを絶対に諦めない。

東京アドへの転職を希望する皆さんへ、ひと言

東京アドデザイナースは今、2020年の創立60周年を前に、たくさんのポジティブな変化が生まれ大きく変わろうとしています。多くの先輩方が築きあげてくれた歴史に、新しい東京アドの歴史を積み重ねていきましょう。

普段は入れませんが、屋上から見える景色は本当に綺麗です。

他のグラフィックデザイナーの人たち

採用に関するお問い合わせ