2018年度 新卒入社

嶋崎 純子 Junko Shimazaki

グラフィックデザイナー

埼玉県生まれ。
武蔵野美術大学デザイン情報学科卒業。
デザインと真摯に向き合います。

東京アドデザイナースでの仕事内容は?

ディレクターのもと、デザイナーとしてさまざまな広告のアイデア出しや、デザイン制作を行っています。

入社して感じた、
東京アドデザイナースの魅力は?

制作の幅が広いところです。
クライアントの業種がさまざまなのはもちろん、制作物もポスターやパッケージ、アドトラックなどの立体造形まで多種多様で、毎回新しい学びがあります。

東京アドデザイナースに入社して、
いちばんうれしかったことは?

入社2年目の時、初めて社外のADと取り組んだ競合プレゼンで勝ったことです。
同期のコピーライターとの若手チームで挑み、受注が決まったときは感無量でした。
また掲出後はSNS等で多くの人からコメントしていただき、制作物に対する生の反応を実感できるいい経験になりました。

入社当時と比較して、
いちばん成長したと思うところは?

新しい仕事を始めるときに「右も左も分からない」ということはなくなりましたが、まだまだです。

今後、東京アドデザイナースで
どんな仕事をしたいですか?

尊敬するクリエイターさんと、もっと一緒にお仕事してみたいです。
好きなイラストレーターさんとお仕事ができたときは感動しました。

オフの過ごし方は?

出不精なので基本的には家でぐーたらしていますが、月に2回くらいの頻度で映画館をはしごする「映画見まくりデー」をつくっています。

問題に直面した際に心がけていること、あるいは解決法は?

まず落ち着いて自分なりの答えを出してから、先輩やディレクターに相談するようにしています。
自分で考える力を鍛えること、周囲の意見を聞くこと、どちらも大事にしています。

就職活動中の皆さんへ、ひと言

気負わずに等身大の自分で臨めば、自然と自分に合った会社に巡り会えると思います。
いいなと思った方は、ぜひ東京アドへ!

PHOTO : 萩原 乙彦

他のグラフィックデザイナーの人たち

採用に関するお問い合わせ