2018年 新卒入社

山崎 奈美子 Namiko Yamazaki

コピーライター

北海道生まれ。
東京学芸大学卒業。
考えることと書くことを、楽しんでいます。

東京アドデザイナースに入社した理由は?

歴史が長く規模の大きい制作会社なのにアットホームなところが自分に合っていて、一歩一歩着実に取り組んでいけそうだと思ったからです。

あなたの仕事内容は?

コピーライターは、言葉のすべてを担当します。
キャッチコピーを考えたり、誤字脱字がないかチェックしたり、クライアントに伝えたいことを説明する文章を書いたり…。
職種に関係なく、みんなでアイディアを出しあうこともあります。

入社して、いちばんうれしかったことは?

大学生のときからやりたいと思っていたことを仕事にできていること、楽しく仕事に取り組めていることがいちばんうれしいです!

入社して感じた、
東京アドデザイナースの魅力は?

北海道出身の私にとって、東京の制作会社だということは大きかったです。東京でしか経験できないことが
絶対にあると思いました。東京アドデザイナースは、ふるさとみたいに優しく、あたたかい会社だと思います。

職場はどんな雰囲気ですか?

一人ひとりの知識や考え方を、共有する環境が整っていると思います。会社のツイッターでも配信されているのですが、赤坂オフィスのコピーチームで週1回、「水曜日のコピ会」というクリエイティブミーティングをやっていて、和気あいあいとした雰囲気のなか、先輩方からいろいろな話を聞くことができています。

仕事をしていて、いちばん
やりがいを感じるときは?

コピーを考えているときです。
調べていくうちに新しいことを知れて、そこからいろいろなことを想像したり、考えたりしていると「生きてる!」と感じます(笑)

学生時代に学んだことや経験したことで、役立っていることはありますか。

近代文学のゼミでいろいろな物語に触れ、それをあらゆる切り口から考えたことです。
サークルはジャズ研に入っていたのですが、すべての瞬間がナマモノであるジャズで、いま・ここでしかできない
クリエイティブを学んだ気がしています。

オフの過ごし方は?

寝るのが大好きなのでずーっと寝たり、テレビを観たり、ネットショッピングをしたりして、のんびり過ごしています。
会社の同期や大学の人たちと飲みに行くこともよくあります。

問題に直面した際に心がけていること、あるいは解決法は?

仕事で問題に直面したことはまだありません。
でももしそうなったら、自分のペースを見失わないように意識します。
そして、そういう時こそ楽しくできたらいいな〜と思っています。

就職活動中の皆さんへ、ひと言

進路が決まらないのは、すごくすごく不安なことだと思います。私もそうでした。
でも、自分が大切にしていることを曲げる必要はないと思います。飾らずに、自分の言葉で伝えればきっとご縁があるはずです!
私もまだ社会人1年生ですが、東京アドデザイナースならとにかく大丈夫だよと伝えたいです。

本社のすぐ近く。内堀通り沿いににある小さな公園です。あたたかい日に本を読むには最適です。

他のコピーライターの人たち

採用に関するお問い合わせ