2018年 新卒入社

佐藤 優芽 Yume Sato

グラフィックデザイナー

東京都生まれ。
多摩美術大学統合デザイン学科卒業。
少しでも人の心に残るデザインができるように心がけています。

東京アドデザイナースに入社した理由は?

学生時代から、デザインを通して人に何かを伝えるお仕事がしたかったことがいちばんの理由です。
また会社説明会や面接で感じた、アットホームな雰囲気が自分の性格に合っているように思えたからです。

あなたの仕事内容は?

手書きでのアイデア出しから、MacでAi・Psを使っての制作作業がメインです。いろんな業種、いろんな媒体のデザインに関わっています。

入社して、いちばんうれしかったことは?

自分のデザイン案が採用されて、それが世の中に出たことです。でも、うれしさと同時に、自分のデザインが企業や商品の顔として、多くの人に見られることへの責任も強く感じました。

入社して感じた、
東京アドデザイナースの魅力は?

幅広い分野のお仕事ができることです。
その分、学ばなければいけないことがたくさんありますが、日々成長を実感できます。
また、デザイナー以外の職種の方もたくさんいるので、いろいろな刺激を受けられることが魅力です。

職場はどんな雰囲気ですか?

仕事の時はみな真剣ですが、先輩後輩の仲が良くて、とてもアットホームな雰囲気です。
みんなでデザイン展を見に行ったあと、ごはんを食べにいったりもします。

仕事をしていて、いちばん
やりがいを感じるときは?

やはり、自分の伝えたいことが、デザインを通して伝わったときです。
先輩のADやお客様に、いいねと言ってもらえると、本当にデザイナーになってよかったなと思います。

学生時代に学んだことや経験したことで、役立っていることはありますか。

不得意だとか、興味がないと思っていたことにも、積極的に挑戦してみること。
デザイナーは、過去のいろいろな経験を活かせる仕事だと思うので。

オフの過ごし方は?

友人と遊びに行ったり、愛猫とのんびりしたりています。

問題に直面した際に心がけていること、あるいは解決法は?

いちど、落ち着いて客観視してみること。
それから、人に意見をもらうこと。
そうすると、問題のポイントがはっきりしてくる気がします。

就職活動中の皆さんへ、ひと言

やりたいことをやるのが一番大切だと思います。
就職活動頑張ってください。東京アドで待ってます!

千鳥ヶ淵の遊歩道をしばらくいくと、ボート乗り場があります。30 分で 500 円です。

他のグラフィックデザイナーの人たち

採用に関するお問い合わせ