RETOUCHER〈入社13年目〉 金子 映美 EMI KANEKO

Q1. あなたの出身地は?
イタリア ミラノ生まれ
神奈川県育ち
Q2. あなたの地元の自慢はなんですか?
緑が多いところが好きです。
山道を犬に散歩させてあげられる所。
Q3. 入社後に気づいた会社の魅力は?
社内でトータルで作り上げるので、「いつもの人たち」と仕事に取り組めること。
カメラマンと撮影前の相談や、デザイナーとのブラッシュアップの方向性の確認など、密に忌憚なく行なっていけるのはクオリティの向上につながっていると思います。
Q4. 同僚と職場以外での付き合いがありますか?
入社したての頃に水曜カレー部にお誘いいただきました。
水曜日の昼に会社の近所のカレー屋を巡る部活で、現在は形骸化してしまっているのですが会社を離れてしまった方も含めメンバーといい関係が続いているので、宅飲みなどにお邪魔したりする関係が続いています。
Q5. 心に残っている先輩からの言葉はありますか?
仕事が、金銭の授受が発生している「商売」であるということ。
お金を頂いているので、損をしたと感じさせるような仕事をしてはいけないし、会社も儲けの出ないような仕事の仕方をしてはいけない。自分が損をするような働き方もしてはいけない。
この考え方はバランスを取っていく上で一つの指針となっています。
Q6.  一番うれしかった、もしくは、つらかった仕事は?
女性に着せる水のドレスを作成した時に、「透けては困るけれど、水の透明感を表現したい」というオーダーで、何パターン作ってもOKを頂けずお腹が痛くなりました。
納期ギリギリまで粘りに粘った甲斐あって大変好評いただきました。
Q7. あなたのリフレッシュ方法は?
フリークライミング。アウトドアで登ったりもしています。
Q8. 社会人になる前にしておくべきだったと思うことは?
社会人になってからでもできることも意外と多いので、あまり焦らず、今、すべきことをちゃんと取り組むのがいいと思います。
Q9. 子供のころの夢は?
ケーキ屋さん
Q10. 今まで一番感動したことは?
友人に連れられ北岳に登った時に南アルプスの山々を目にし、あまりに非日常的な世界に言葉を失いました。写真で目にしていた稜線のドレープを自分の目で見ることが出来、あまりの美しさにとても感動したのを今でも鮮明に覚えています。
Q11. 3億あれば何に使いますか?
そういうご時世になってきたので宇宙旅行に行ってみたいです。

臨機応変